【修正済】VineLinux 6.x の saslauthd の挙動が変わった

トップページ > PC技術ネタ > OS > Linux > 【修正済】VineLinux 6.x の saslauthd の挙動が変わった
| コメント(0) | トラックバック(0)
先日アップデートしたサーバですが
ちょっとだけ設定変更したので備忘録として書いておきます

端的に言うと saslauthd の PAM サポートが無くなったらしい
$ saslauthd -v
saslauthd 2.1.23
authentication mechanisms: getpwent kerberos5 rimap shadow ldap

ってことで、今まで /etc/sysconfig/saslauthd へ
MECH=pam
と書いていたのですが
MECH=shadow
へ変更しました(どーせローカルアカウントしか使ってないしw

SMTP-AUTHとかでハマっている人がいたら確認してみてください
PAM認証使いたかったらSRPM拾ってきてオプション変更後再コンパイルでいけるんじゃないかな
#確認してません

2011/09/06 追記
09/05 付けのバグフィックスで上記問題はクリアされたようです
http://vinelinux.org/errata/6x/20110905-1.html

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.home-dc.net/blog-cgi/mt-tb.cgi/345

コメントする

検索

Loading

カレンダー

<   2011年8月   >
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

QRコード

Break Out!? blog ver.