リモートデスクトップを利用していてリモート先PCがSTOPエラーでブルースクリーン

トップページ > PC技術ネタ > OS > Windows > リモートデスクトップを利用していてリモート先PCがSTOPエラーでブルースクリーン
| コメント(0) | トラックバック(0)
以下の条件のいずれかが合致した場合
接続先端末(Windows XP SP3)がSTOPエラーを吐いて強制終了してしまう

・接続先OSが使用していた解像度と違う解像度にて接続しようとしたとき
・接続元OSがWindows XP SP2などサービスパックに差異がある
・MS社作成のRDPクライアント/OSを利用していない

■解決策
Windows XP SP2で利用していたリモートデスクトップのDLLを利用する
リモートデスクトップのDLLのバージョンは以下の通り
SP2    5.1.2600.2180
SP3    5.1.2600.5512

■手順
Windows XP SP2端末からDLLファイル(C:\WINDOWS\system32\rdpdd.dll)を取得して上書きを行う
C:\WINDOWS\system32 配下へ上書き
上書きできない(バージョンが変わらない)ときはセーフモードにて行う


さっさと直してくれないかなぁ・・
Windows7では再現しないあたり直す気ないんだろうな、きっと


2012/04/24 追記
MicrosoftからHotFixがリリースされていました
Windows XP を実行しているリモート コンピューターへのリモート デスクトップ接続を確立すると、エラー メッセージ:"停止: 0x1000008E"
上記ページの上の方にある「この技術情報に対応する修正プログラムのダウンロードのリスト」をクリックして
修正プログラムを入手してください

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.home-dc.net/blog-cgi/mt-tb.cgi/340

コメントする

検索

Loading

カレンダー

<   2011年7月   >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

twitter

QRコード

Break Out!? blog ver.